女として見てもらえる喜び

お互いにルールを守る

40代の女性で結婚をしている人妻が出会い系サイトを利用して出会えた体験談を紹介していきます。

42歳女性人妻

26歳の時に職場で出会った同い年の会社員の人と結婚して妊娠をきっかけに結婚をすることになりそのまま退社して今現在はパートをして働いています。

子供もすくすくと成長して高校生になってようやく手のかからない中で時間にも余裕が出来るようになりました。ありきたりですけど普通の家庭を築くことができて良かったなって思っていた矢先に旦那のポケットにキャバクラの名刺が入っていたのを発覚しました。

自分はもう女として長い間見て貰えていない中で自分はこうやって若い女性と遊んでいるんだなって思ったら怒りがこみあげてきて自分も同じように男と遊んでやろうと思って出会い系サイトを始めました。

割り切りの一度だけの遊びに積りで知り合ったのが49歳の男性の方で話をしているうちに意気投合して会うことになりました。そのまま早速会ったらホテルへと直行することになって関係を持ってしまいました。

罪悪感もありますが何よりも自分を女として見てもらえることが嬉しくて仕方がなかったです。一度限りの関係のはずが今ではお互いに家庭があるから深追いをしないでお互いの名前も知らないままニックネームで呼び合いながら一月に一度の関係を持っています。